お情け営業に意味はない

日本の企業では、

未だにとても低姿勢の方が

多いと感じています。

 

ここでいう低姿勢というのは、

「過剰に」自分の会社を卑下する

ということです。

 

確かに、自社のことを

卑下するということは、

 

相対的に相手の会社を

ほめていると考えることも

できますので、

 

決して悪いこととは言えないでしょう。

 

ただ、本来するべきことは、

自社を卑下することではなく、

 

自社で提供できる価値を高め、

その価値を顧客に提供すること

だと思うのです。

 

相対的に価値がある商品を

提供しているからと言って

傲慢になるのは論外ですが、

 

これから益々、「価値提供」

が求められる時代においては、

卑下して仕事が取れる

可能性はどんどん下がっていくでしょう。

 

課題に正面からぶつかっていかないと、

自分の首を絞めるだけ。

 

お情け営業を受ける中で、

そういったことを感じたのでした。