疲れたから来るのではなく、疲れる前に来る

昨日、

商店街を歩いていると、

マッサージ屋の看板が目に入りました。

 

その看板には、

「疲れたから来るのではなく、

疲れる前に来る」

 

という言葉が書かれていました。

 

上手な言葉の使い方ですよね。

 

疲れた時には、

ネットなどでマッサージ屋を探し、

良さそうな店を利用すると思いますが、

 

「疲れる前に来るべし」

と書かれていると、

 

その場の流れでふと足が向かう人も

いることでしょう。

 

つまり、

ちょっとした言葉の使い方で、

ターゲットとなる客層を

一気に広げたのです。

 

人は自分のニーズには

気づいていない。

 

と良く言われますが、

 

疲れる前に来る。

 

というのも、

疲れを避けたい。

 

という人間のニーズに

ぴったりと合っているのだと思います。

 

自分の仕事で対象となる顧客を

決めつけず、柔軟に考えていくと、

 

思わぬ気づきがあるかもしれません。