ビジネスは農業と同じ

農業に従事している

友人がいるのですが、

 

ほぼ毎日休みなく、

畑に出ているようです。

 

ただ、一年間、

毎日畑に出ていっても、

天災によって収穫が減ってしまう

こともあるそうです。

 

それでも、

本人は農業が好きなので

楽しそうに毎日過ごしています。

 

そんな友人のことに

思いを馳せながら、

 

ふと、農業とビジネスって、

全く同じなのではないか?

ということに気がつきました。

 

ビジネスでは、まずは事業の種まきを

しなければ何もはじまりません。

 

そして、種をまいたとしても、

毎日水をあげ続け、少しずつ

成長を見守っていく必要があります。

 

更に、どれだけ時間がかかったとしても、

天災(急激なビジネス環境の変化)によって、

その事業が失敗することも普通に起こります。

 

更に、農業では品種改良が続いているように、

ビジネスでも常に自らを作り変えていかないと、

あっという間に時代遅れになってしまいます。

 

農作物を安く作る=サービスを安く

提供するための、コスト削減も必要でしょう。

 

これほどの壁があることを

目の当たりにすると、

 

ビジネスを興すということに対して

おっくうになったりもしますよね。

 

ただ、

ビジネスを新たに立ち上げている人は、

単純にそれが「好き」な人が

多いのだと思います。

 

金持ちになりたい。という動機も

力にはなると思いますが、

継続的な力にはならない場合が多い

でしょう。

 

何事も、「好き」をベースに考えることが

重要。

 

農業とビジネスの類似点を目の当たりにして、

改めてそのようなことを考えたのでした。