走り始めたい気持ちを抑えてみる

このメルマガを読んで

下さっている方の中には、

 

週末の時間を使って

何か副業をしたい。

 

と考えている方が

少なくないかもしれません。

 

特に、不動産投資を

やりたい、と考える方は

多いのではないかと思います。

 

不動産投資というのは、

時間を味方につけることで

大きな利益を得ることが

できる投資です。

 

毎月の手残りもありますが、

ローンの返済によって

元本の金額も減っていきますので、

 

元本の減少分も、

ある意味貯金と考えることが

できるからです。

 

最近は様々な問題が

出てきていますが、

 

それでも尚、

有力な資産形成手段に

代わりはありません。

 

 

こういった形で、

基本的に、物事というのは

「早く始めた者が勝つ」

 

という一つの法則がありますので、

 

「とにかく始めてみよう」

と考える方も一定数いるのが

現状です。

 

ただ、本日お伝えしたいことは、

「一度始めてしまうと、

取り返しがつかなくなる可能性も

しっかりと頭に入れておくべき」

 

ということです。

 

特に、投資の世界では

借金という重荷を背負います。

 

これは、うまく活用できれば

成功をぐっと近づけることが

できるのですが、

 

使い方を間違えると、

自分に牙を向くことになります。

 

ここで重要なことは、

何かを始めようとした場合、

 

基本的には自分をコントロール

することができなくなるほど

「動き始めたくなる」

 

ものだということです。

 

特に、週末の限られた時間を

使っている人は、

 

「何とかして成果を出したい」

 

と考えがちですので、

結果として勢いで重荷を

負ってしまう可能性が高いのです。

 

これを避けるには、

普段から、気持ちと頭をしっかりと分けて

考える習慣を身につけるしかありません。

 

何かをするときには、

常に一歩下がって自分を

客観的に見れるようにすることが

大切と言えるかもしれません。