経験を整理することが大切

 

メルマガを書き続け、

もうすぐ半年が経とうと

しています。

 

あらためまして、

このような拙いメルマガを

お読み頂き、有難う御座います。

本当に感謝です。

 

さて、本日は、半年が経過した中で、

この半年を振り返って

改めて気づいたことを

お伝えしようと思います。

 

ところで、一昨日、北海道で

非常に大きな地震が発生しましたね。

 

この地震の影響で、

北海道では大規模な停電が続いて

いるみたいですね。

 

日本は地震大国であり、

今後生きている間に

大規模な地震が発生する確率は

非常に高いと言えるでしょう。

 

ただ、地震が発生するにしても、

その地震に対する備えを

しっかりとしているか?

と聞かれた時、答えられる人は

どれぐらいいるでしょうか?

 

おそらく、

ほとんどいないのではないでしょうか?

 

つまり、人は実体験したことでしか、

リアルに現実を感じることが

できないのです。

 

そう考えると、

どれだけ本を読み、映画を見ても、

それが実際の行動に結びつく

可能性は高いとは言えなそうです。

 

これは、本や映画を否定している

わけではありません。

 

あくまでも、実体験と架空の体験という

2つの自称を比較する上での

比喩として取り上げているものです。

 

 

他方、実際の経験があると、

その経験に基づいた対策を取ることができる

可能性が非常に高くなると感じています。

 

そんな時、メルマガを書いていると、

自分自身を塗り替えるという意味で

非常に有益だと感じています。

 

例えば、

昨日はお店の店員に冷たい態度を

取ってしまった。

 

という反省があれば、

それを素直に受け止め、

「次からは店員さんにも

明るく接しよう!」

 

という気持ちになれるからです。

 

本の中で

「他人に対しても明るく接しましょう」

 

という文章があったとしても、

実際に明るく接する人は

多いとは言えないでしょう。

 

実生活の中でも、

反省するべき部分、改善するべき

部分は山のようにあり、

 

メルマガを通じてそれを

振り返ることができるのです。

 

そう考えると、

メルマガを書かないということが

考えられないようになってきます。