振り返る時間を作ることと、振り返る方法を作ること

スピードが求められる

今の時代。

 

毎日があっという間に

過ぎていきますよね。

 

そういった中では、

過去を振り返っているような

時間もないことが一般的です。

 

そして、

一日を終えたら、

まずはお酒を飲んで

気持ちを和らげる。

 

そんな気持ちも良く分かります。

 

毎日を精一杯過ごしている

上では、過去を振り返る余裕も

ないですよね。

 

 

 

ところで、

すこし話は変わりますが、

 

小学校の時、先生から

「予習復習」が大事と

言われたことはないでしょうか?

 

予習とは、

次の日にやる勉強の中身を

知っておくことであり、

 

復習とは、

実際にやった勉強に

もう一度取り組むということですが、

 

実際の仕事となると、

 

「復習」

 

をする機会が

圧倒的に少ないように感じています。

 

その一方で、

私の経験上、

復習をすることで、

 

成長のスピードが

劇的に高まると考えています。

 

例えば、

プレゼンでうまくいかなかったら、

その原因を洗い出して

次に活かす。

 

という人と、

 

とにかく数をこなす。

ということを目標に同じプレゼンを

繰り返す人。

 

両者が一年間プレゼンを繰り返した時、

差がどんどんついていくのは

明らかですよね。

 

また、顧客や友人との

何気ない会話。

 

その会話の内容を振り返り、

「次は言い方を少し変えよう」

 

と整理することで、

会話のスキルもどんどん上がって

いくでしょう。

 

では、毎日の復習をするためには

どうすれば良いでしょうか?

 

色々な方法があると思いますが、

個人的には日記を書くことを

お勧めします。

 

気づいたこと、

やったこと、

話したことなどを

 

とにかく記録しまくるのです。

 

そして、次の日に

その記録を見返し、

 

改善するべき点がなかったか

振り返りましょう。

 

この繰り返しをすることで、

いつのまにか「復習をする」

癖がつきます。

 

そうなると、成長のスピードが

どんどん高まっていきます。

 

成長の実感があまりわかない。

という方は、

日記を書いて見ると良いかもしれません。