備えあれば憂い無し

昨日の台風は

すごかったですね。

 

私が住んでいる場所も、

深夜0時前後に

激しい風が吹き荒れ、

 

何度も起こされてしまいました。

 

朝起きてみると、

家の周りはそこまで

大きな被害はないようでしたが、

 

自然の怖さを改めて痛感しました。

 

台風は、1年で一度は日本に

上陸しますよね。

 

ただ、

毎年発生するイベントだからこそ、

備えが疎かになってしまいがち

ということを感じています。

 

人というのは、

経験したことがないことを

イメージすることが

極めて苦手です。

 

東日本大震災の後でも、

地震の影響を受けなかった地域に

住んでいた方の中には、

地震の備えをしていない方が

少なからずいるのです。

 

今回の台風でも、

「まあとりあえず大丈夫だろう」

と考え、備えを指定ない人も

いたかもしれません。

 

もちろん、大きな災害が将来

起こるかどうかというのは

「確率」の問題であり、

 

将来発生しないことに対して

お金をかけて準備をするのは

馬鹿らしい、

という考えもあるでしょう。

 

ただ、長い目で考えたときに、

成功に近づく人は、

「準備をしている人」

 

の方が多いように感じています。

 

なぜなら、

自然災害に対して「想像して」「備える」

ということは、

仕事において「想像して」「備える」

ということと全く同じだと言えるからです。

 

お客様に対してプレゼンをする

必要がある時、

先を見越して準備をする人と、

場当たり的に対応する人では、

 

先を見越した人の方が

良い結果がでる可能性は高いですよね。

 

ただ、プレゼンの準備をどれだけしても、

案件が取れない場合もあります。

 

それでも、準備をしたことは

次に繋がっていきますので、

 

長い目で見れば、

前に進む可能性を少しずつ

高めることができるのです。

 

今回の台風の経験を通じ、

常に準備をすることが大切だと

改めて感じたのでした。

 

と、とても偉そうなことを言っている

私ですが、今回の台風に対する備えを

しておらず、猛烈に反省しながら

このメルマガを書いています(汗)