仕事は遊びと考える

朝起きると、今日も一日を集中して

過ごさないといけない。

 

というプレッシャーを最近

感じています。

 

そのプレッシャーもあってか、

何となくだらだらと過ごして

しまう時間もあり、効率が悪いと

感じています。

 

やはり、一分一秒でも時間を

効率的に使いたいものですよね。

 

そういったこともあり、どういった

対策があるのか考えていたのですが、

 

1つの考え方として、

「仕事」に対する認識を

書き換える。

 

ということがあるかと思います。

 

仕事は大変なもの。

という認識を持ってしまうからこそ、

仕事に取り組むタイミングが

後ろ倒しになってしまうのです。

 

そうではなく、

仕事は遊び、と考えると

良いでしょう。

 

違う表現をすると、

仕事をすることは、

ゲームをすることと同じ。

 

と考えても良いかもしれません。

 

ゲームの場合、朝起きてから何となく

スイッチを入れれば、自動的に

そのゲームの世界観に入っていきます。

 

なぜなら、ゲームは楽しいもの。

という認識があるからです。

 

仕事を楽しいもの。

と考えるのはハードルが高い

かもしれないですが、

 

少なくとも、

自分のためにやっている勉強や、

自分の収入を上げるために

行っている努力。

 

であれば、RPGのレベル上げの

ようなものであり、

 

将来の成長のために楽しくできるもの

であると思うのです。

 

何事も楽しむ姿勢を持って取り組む。

この意識を持つことが、

一日の時間を有効に活用する上で

非常に大切といえるでしょう。