一人で集中できない時、言葉の力を借りる

会社で働いていると、

上司からどんどん仕事が

振ってきますよね。

 

そのような中では、

常に緊張状態が保たれ、

集中して仕事ができると思います。

 

(色々な人から声をかけられて、

集中しづらいという状況も

あるかもしれませんが。。)

 

その一方、週末に

自分の将来のために行う

自己投資などの場合、

 

監視の目がないことから、

気が散ってしまうことも

多いですよね。

 

特に、今は携帯があれば

動画も見れるしゲームも

できます。

 

そうなると、

何となく動画を見はじめて、

いつの間にか1時間、

2時間、

ということにもなりかねません。

 

私も、一人では集中できないことが

わかっていますので、

常に衆人環境に身を置く

ようにしています。

 

ただ、それでも

気が散ってしまい、

ネットサーフィンをしてしまう

こともしばしば。

 

そういった場合、

どうすればネットサーフィンを

しなくなるのか、

 

少し考えました。

 

その結論は、

自己投資に費やしている

時間は

「筋トレ」と思う。

 

ようにするというものです。

 

この考えを把握して頂くには、

筋トレについて少し解説しなければ

いけませんので、

 

この場を借りて簡単に説明します。

 

筋トレは、目的によって

かける負荷が変わってくるのですが、

 

どのような負荷をかけるにしても、

重要なポイントは、

 

途中で負荷を下げずに、

継続して一定の負荷を

欠け続ける。

 

ということです。

 

例えば、30キロの

重りを持ってスクワットを

するとしましょう。

 

この時、数回スクワットを

しただけでは、

あまりしんどくありません。

 

10回、20回と繰り返していき、

継続的な負荷を与えて、

はじめて筋肉が傷つき、

それが再生されることで、

 

筋肉がより大きくなるのです。

 

ここでのポイントは、

途中で止めてはいけない。

ということです。

 

ちょっと頑張って、

途中で止めてしまうぐらい

であれば、

 

やらない方が良いと

言えるかもしれません。

 

自己投資に費やす時間も、

これと同じと言えるかもしれません。

 

10分勉強して携帯に手を伸ばす。

 

これでは成果を出すことは難しい

と言えるでしょう。

 

そうではなく、一度自己投資を

始めたら、

スクワットを始めたと思い、

 

ある程度の負荷がかかる所までは

ずっと止まらずにやり続ける。

 

この考え方を持つことが

大切と言えるでしょう。

 

自己投資=筋トレ。

 

この考え方を持って自己投資に

取り組むと、効率が劇的に

上がるかもしれません。