ビジネスのポイントは漫画が教えてくれた

昨日、久しぶりに漫画を

読んだのですが、

 

感情を揺さぶられたなあ、

という印象を受けました。

 

まあ、一言で言うと

「楽しかった」のです。

 

淡々と仕事をしていると、

(もちろん仕事自体は

楽しいのですが)、

大きな感情の変化というのは

中々起こらないものです。

 

一方、漫画は一話完結の場合

が多く、

一話は数分で読めてしまいますので、

その数分の中に人の感情を動かす

何かが入っていることが多いのです。

 

そう考えると、

うまい漫画を書く人というのは、

人の感情を動かすのが得意な人、

と言えるかもしれません。

 

そして、漫画を読みながら、

漫画は楽しい、ということを

改めて認識しました。

 

人は、感情が動かされると、

あたかも運動をした後のように

満足感を得られるもの、

とも言えるかもしれません。

 

そういった意味では、

相手の感情をどうやって

動かしていくか、

 

ということを考えながら

ビジネスを進めていくことが

重要と言えるかもしれません。

 

例えば、プログラミングの

サービスなどでは、

少しずつ単元が進む毎に

レベルがあがり、

 

まるでRPGをしているような

感覚を持つことができます。

 

それが結構楽しかったりするのです。

 

相手の気持ちをしっかりと考えながら

ビジネスを組み立てる。

 

この点を改めて意識すると、

仕事の成果が大きく変わってくる

かもしれません。