コミュニケーションにリズムを取り込む

先日、

Greatest showman

という映画を見ました。

 

いわゆるミュージカル映画で、

全体の半分以上は歌と踊り、

と言えるほど、

 

沢山の音楽が入っている

映画でした。

 

その映画の中では、

様々な出演者の心情を

音楽という形で表現していたのですが、

 

それぞれの音楽が、

出演者の現状・葛藤・気持ちを

しっかりと表現しており、

思わず映画に見入ってしまいました。

 

ところで、

私達が音楽を聞く時、

 

暗い音楽を聞いている時は

気持ちが暗くなりますし、

 

明るい音楽を聞いている時は、

気持ちが明るくなります。

 

つまり、

音楽のリズムが、

人の感情に影響を与えているのです。

 

まあ、当たり前と言えば

当たり前なのですが、

 

実際のコミュニケーションに

おいても、

 

この「リズム」を意識する

ことによって、

 

プラスの影響を

与えることができるのでは

ないでしょうか?

 

当たり前ですが、

普段のコミュニケーションで

歌を歌うようなコミュニケーションを

取るということではありません。

 

人とコミュニケーションを図る前に、

心の中で前向きな音楽を流す

ということを意識するのです。

 

例えば、

初対面の人と会う前には、

長渕剛の「乾杯」を心の中で

流すことで、

 

相手との距離感をぐっと縮める

ことができるかもしれません。

(ちょっと微妙な例で申し訳ありません。。)

 

自分の気持ちを常に調節するような

「音楽」を持ち歩くことによって、

 

相手との距離感をぐっと近づける

ことができるようになるかもしれません。