やることが沢山ないと落ち着かない状況にしておく

今から3年前、

会社を立ち上げた時は、

毎日ほとんどすることが

ありませんでした。

 

何せ、

前の会社からの仕事の連続性は

一切なく、

 

一から全てを作り上げて

いかなければいけなかった

ですので、

 

はじめは何をすればよいのか

分からなかったのです。

 

そして、起業したての時は、

何となく時間が過ぎてしまう。

 

といったことも多かったように

思います。

 

時間を持て余すと、

人というのはどんどん

怠惰な方向に向かって

しまうものです。

 

入院して一日中ベッドに

いる人は、筋力が

一気に衰えると言われていますが、

 

人というのは、

ある程度の負荷がかからないと

どんどん衰えてしまうのでしょう。

 

さらに、

毎日普通に歩いている人は、

現状維持はできても、

筋肉量は増えません。

 

そう考えると、

ある程度の仕事を

回し続けるだけでも、

成長は無いと言えるでしょう。

 

自らに負荷をかけるのは、

簡単なことではありません。

 

しかし、負荷をかけ続けなければ、

次のステップは見えてこないのです。

 

そういった意味で、

最近私がやっている負荷を

かける方法は、

 

客先との面談以外の時間に、

緊急ではないが重要な仕事を

とにかく詰め込むことです。

 

このメルマガもそうです。

朝、まっさきに取り組むのがメルマガです。

 

このメルマガ以外にも、違う事業への種まき。

ブログの執筆、読書、勉強などがありますが、

 

そういった予定をあらかじめ

詰め込んでおくのです。

 

そうすると、不思議と自分に

プレッシャーがかかってきます。

 

メルマガは書かなかったからといって、

特に問題が発生することはありません。

 

ただ、メルマガを毎日書くというのは、

自分との約束であり、読者の方との

約束です。

 

だからこそ、約束を守ることが

きっかけとなり、毎日負荷を感じながら

続けることができるのです。

 

自分との約束を作って、自らに負荷をかける。

この積み重ねによって、新しいステージが

見えてくるでしょう。