お盆になると嬉しくなる理由

世間では、

お盆に入りましたね。

 

ニュースによると、

先週金曜日の東名高速

渋滞は、40キロになったようです。

 

みな渋滞を避けたいという

気持ちは同じようですね。

 

さて、私は最近、

お盆やGWなどの長期連休に

入ると、気持ちが高ぶるように

なりました。

 

それは、

「みんなが動いていない時に

動くことによって、

自らの能力を高めるチャンスが来た」

と思うからです。

 

ある意味、自営業という立場だと、

「まとまった休みが取れるのは

羨ましい」と思うのが普通かもしれません。

 

少なくとも、飲食店の店長や、

店をかまえる店主は、お盆休みを

長期で取れないことも普通にあるかと

思います。

 

私もある時期は、

「普通に休みが取れるのは

羨ましい」

 

と思っていたのですが、

ある時期からその考え方が

変わったのです。

 

その理由を一言で言うと、

「仕事が楽しくなったから」

 

と言えるでしょう。

 

楽しくない仕事を毎日しているの

であれば、休みは嬉しいに決まっています。

 

しかし、自らがお客様に対して

貢献できるスキルを向上させ、

それがお金として還元される。

 

という流れができ始めると、

仕事が楽しくて仕方が

なくなってくるのです。

 

そして、更に高い価値を

提供するために頑張ろう!

 

という気持ちになるのです。

 

その結果として、世間が休みだと、

あたかも、自分だけが

精神と時の部屋」にいることが

できるような感覚になるのです。

 

やはり、仕事は相手にどういった

価値を提供できるのか、

に尽きると思います。

 

そして、しっかりと価値が提供できるまでには、

数年、あるいは10年以上の時間が

かかるかもしれません。

 

私も完全にひよこの状態です。

 

ただ、仕事が辛くて休みが嬉しい。

というスパイラルから、

仕事が楽しくて休みも嬉しい。

というスパイラルに変わると、

 

人生ががらっと変わる気が

しませんか?

 

価値提供を軸に何ができるかを

考え続けると、

人生がいつの日かがらっと変わるかもしれません。