芸能人の振る舞いが美しいのは、自分の姿を何回も見ているから

テレビCMで躍動している芸能人。

 

そういった人と比べると、

私のような一般人の振る舞いというのは、

 

(残念ながら)洗練されていないというか、

素人感丸出し、な感じが隠せません。



その一方で、芸能人といっても

素人感がある人というのは、

たまにみかけますよね。



では、

このような振る舞いの違いというのは、

どのように生まれるのでしょうか?



この答えに対する一つの仮説は、

「自分を客観視」しているかどうか、

だと考えています。

 

例えば、ドラマの収録をする

場合を考えてみましょう。

 

ドラマに出ている俳優や女優の方は、

自分の演技を何回、何十回、何百回と

見直しているはずです。

 

その中で、少しずつ改善を繰り返して、

視聴者に響きやすい振る舞いに

変えていく。

 

その結果として、芸能人としての

美しい振る舞いが身についていくの

ではないかと思うのです。

 

そう考えると、

素人感丸出しだからといって

悲観することはありません。

 

少しでも、相手に対して

美しい印象を持ってもらうために、

自分の振る舞いを意識すれば

良いのです。

 

自分の姿を客観視し続ける。

それはしんどいことかもしれませんが、

成長にとって必要なこととも

言えるのではないでしょうか。

 

自分を常に見つめ、

少しずつ修正を重ねていく。

 

そんな繰り返しが大切と

言えるかもしれません。