本を読んで自分の価値観を見つける

最近、多くの本を読んでいく中で、

「表面的な知識」ではなく、

本質的な考え方、

 

を身につけることが

極めて大切と思うようになりました。



例えば、マーケティングの本を

読んだとして、

その本の内容を愚直に実行している

人がどれだけいるでしょうか?

 

恐らくほとんどいないのではないでしょうか?

 

なぜそうなるのかというと、

本に書いてある個別のマーケティング論が、

自分の価値観とマッチしていないからです。

 

すぐに儲かるからといって、

自分が嫌いな仕事をするかというと、

決してそうではないですよね。

 

自分にあった形で仕事を

進めていくからこそ、

しっかりとした成果を

残すことができるのです。

 

そう考えると、

本を読んでいく中で

やるべきことは、

 

一つ一つの項目に対して、

それが自分にあっているか

どうかを探すこと。

 

すなわち、自分の価値観に

あっているかを確認すること。

 

と言えるかもしれません。

 

そういった観点で

本を読んでいくと、

 

自分の根っこにある

考え方に気が付くことが

できるかもしれません。

 

そうなればしめたもの。

 

自分の価値観にあった

小さい戦略を、

どんどん採用していけば良いのです。

 

このやり方をすると、

大きな成果を出すまでには

時間がかかります。

 

それでも、長い人生という

時間軸で考えたら、

 

自分にあった戦略を

見つける方が何倍も大切。

 

自分を深く掘って掘って、

正しい武器を身につけることを

意識することが大切と言えるでしょう。