とっととハム太郎。の精神で物事を進める

ちょっとした言葉の

使い方で、気持ちというのは

大きく変わるもの。

 

ということをお伝えしたくて、

今日はいつもと少し違うタイトルに

してみました。

 

「とっととやろう」

という言葉を聞いて、

 

早くやらなくちゃ。

 

と思う人は

少ないと思います。

 

とっとと、という言葉に

命令の意味合いが含まれているので、

どうしても反論の気持ちが

生まれてしまうからです。

 

頭でどれだけ理解できていても、

感情の部分で納得ができない限り、

人は中々動きづらいものなのです。

 

その一方で、ちょっとした表現の

違いによって、

もたらされる感情も

大きく変わるというのが不思議な点。

 

とっととハム太郎

 

と叫ぶと、

何となく楽しい感じがしてきて、

 

早く取り組まなければ。

と思うようになるから不思議なものです。

 

恐らく、

本来伝えたい「急いで」

という言葉が、

 

ハム太郎、という具体的な言葉によって

焦点から外れてしまうことで、

 

無意識の間に

「とっととやる」という言葉が

頭に入ってしまうからでしょう。

 

こういったちょっとした言葉遊びで、

自分の感情をコントロールできるように

なるというのも、

 

非常に面白いですよね。

 

ということで、

今日も「とっととハム太郎」の精神で

仕事をバリバリと進めていきましょう。