インプットと同時にアウトプットする

約二週間ぶりに、

とある本を読み返したのですが、

 

本をめくる前に、

ほんの内容をどれぐらい覚えているか

考えてみたところ。

 

ほぼ100%忘れていることに

衝撃を受けました。。

 

読んだ直後は明確に

覚えていても、

 

時間が経つにつれて

忘れていってしまう。

 

もうこれは人間に備わった

能力と思うしかないですよね。

 

せっかく時間を割いて本を

読んだとしても、

 

内容を忘れてしまったのでは、

読んだ時間自体がムダ。

になってしまいかねません。

 

しかし、

読んだ直後は頭にある程度の

内容が残っているので、

復習することを忘れてしまう。

 

神様というのは、

中々厳しい試練を

人に与えるものですよね。

 

復習が大事ということは、

みんな知っていることですが、

それを実践している人は

本当に少ない。

 

もしかすると、

2:8ぐらいで、

 

復習に8の時間を割くぐらいが

丁度良いのかもしれません。

 

そして、復習をするときに

一番効率的と思われることが、

 

アウトプットすること。

です。

 

本であれば、読む前に

その内容について思い出す。

 

本から学んだ内容をメモしておき、

そのメモを定期的に見返して

実践につなげる。

 

こういった地道な行動を

重ねることで、

本で読んだ内容を血肉にすることが

できるようになるのでしょう。

 

むしろ、インプットと

アウトプットの時間差を

ゼロにする。

 

というイメージを持って

本を読むのが良いかもしれません。

 

インプットは自分の頭、

すなわち海のように

底が深い世界に情報を

入れること。

 

それと同時に、

海からその情報を

引き出し、

 

海面近くに漂わせるように

しておくのです。

 

はじめは難しいかもしれませんが、

まずは一つの本をテーマにして、

その本を徹底的に頭に入れる。

 

ということを行って見ると

よいかもしれません。

 

そうすることで、

頭に情報を入れるには

どれぐらいの時間や努力が

必要になるかが分かるからです。

 

インプットとアウトプットを同時に

行う。

 

この点を意識しながら本を読むことで、

頭に定着する程度を高めることが

できるかもしれません。