身につけると意識するから身につけることができる

幼少期からの癖、習慣

といったものは、

簡単に修正することはできないですよね。

 

とりわけ、昔から続いている

習慣というのは、

「無意識」にやっていることが

多いですので、

 

少なくとも、無意識が

意識化されない限り、

修正や改善もしようがないわけです。

 

では、どうすれば無意識を

意識かさせることが

できるのでしょうか?

 

これは色々なやり方があると思いますが、

一つの方法として、

自分以外の人生について学び、

その中から自分と違う所を見つける。

 

という考え方があるかと思います。

 

この時にポイントになってくるのは、

自分と違う点をみつけた時に

「あの人は○○だから違うのは当たり前」

と、一つフィルターを入れて

見てしまうことがないようにすることです。

 

あくまでも、他人と自分をシンクロさせて、

その中で自分と相手との違いを

明確にしていくのです。

 

そして、相手との違いが見えてきたら、

その違いの中で自分に取り込んで

いきたいものを取り込んでいきましょう。

 

この時ポイントになるのは、

相手の○○を取り込む。

と強烈に意識をすることです。

 

もっというと、

意識をし続けるということが

大切になってくるでしょう。

 

一日意識しただけで

何かを取り込むということは

基本的に不可能なのです。

 

そう考えると、

一日の全ての行動は、

自分を作り変えていくための

試練の場。

ともいうことができるかもしれません。

 

そういった意識になれば、

自分がどんどん作り替わっていく

ような感覚を持てるかもしれません。

 

そうなればしめたもの。

これから加速度的に自分が

作り変えられていくことでしょう。

 

結局の所、

日々意識する時間をどれだけ

作れるか。

という点がポイントになってくるのかも

しれません。