食事もビジネスも、常にバランスよく

昨日、コンビニで買い物を

していたところ、

消防士の方がお昼ご飯として

カップヌードルを買っていました。

 

この消防士の方が、

どれぐらいの頻度で

カップヌードルを買っているのかは

分かりませんが、

 

365日、毎日カップヌードルだけを

食べ続けているのであれば、

 

体力を使う仕事をする立場として、

少し不安になってしまいますよね。

 

むしろ、カップヌードルの例にとどまらず、

全く同じものを毎日食べ続けると、

栄養のバランスが崩れがちになってしまう。

 

ということは想像に難くないと思います。

 

ただ、この事実をビジネスに

当てはめてみるとどうでしょうか。

 

同じ会社にずっと勤めている人であれば、

その会社でのビジネスの進め方が

普通になるでしょうし、

 

他の会社の仕事の進め方に対して

否定的な考えを持ってしまうかもしれません。

 

ここでのポイントは、

いろんな考え方を積極的に

取り込んで、いろんな観点から物事を

考えた方が、

良い考えが生まれる可能性が

高いですよね。

ということです。

 

そして、これが一番の

ポイントなのですが、

 

色々な考え方を身に着けるには、

「意識的に」

その考えを取り込む必要があります。

 

食事をするときにも、

今まで食べたことがないものを

買うときは、少し勇気がいりますよね。

 

その食品を買ってみて、

美味しくなかった場合、

損をした気分になってしまうからです。

 

思考の進め方についても同じです。

基本的な考え方がみにつくと、

その考え方を変えるのには

大きな力が必要になってくるのです。

 

新しいチャレンジをする精神が

少しずつ奪われてしまうのも、

 

こうした日々の積み重ねの結果

と言えるのかもしれません。

 

その一方で、

たまたま美味しい食べ物を

見つけることができれば、

 

その瞬間に自分の世界が

一気に広がった感じがしますよね。

 

これもビジネスと同じです。

 

全く新しい考え方をみにつけることで、

世界が一気に変わるということがあるのです。

 

そう考えると、

何か新しいことを試すのは確率論であり、

失敗する可能性もあるが、

成功した時のインパクトは非常に大きい。

 

という事ができるかもしれません。

 

そして、その事実に気づいた人から、

自らを常に変えていく行動が

はじまるのでしょう。

 

だからこそ、

同じことを毎日続けると同時に、

新しい考え方を意識的に取り込んでいくことが

大切といえるでしょう。