学びも人間関係も、面積をイメージする

いきなりですが、

どれだけ面積が広い器があったとしても、

高さが全くなければ、

 

水を沢山入れることはできません。

 

その逆として、

高さがある器があったとしても、

面積がなければ

水を入れることはできません。

 

目的に応じて、

柔軟に考えることが

大切ということの

一つの例と言えるでしょう。

 

例えば、人間関係。

頻繁に会ったとしても、

その人との間に良い関係が生まれなければ、

意味がありません。

 

その一方で、

一度のミーティングなどで良い関係が

築けたとしても、

継続的な接触が無ければ、

忘れ去られてしまいます。



また、違う例で考えていきましょう。

 

勉強をする場面を考えてみると、

どれだけ時間を割いたとしても、

集中力がゼロであれば、

何も成果は生まれないでしょう。

 

その一方で、

集中をしていたとしても、

その時間が5分だけであれば、

成果は生まれないでしょう。

 

つまり、何かの目的を

達成しようと考えた時、

 

大切なのは面積として

物事を考えるということなのです。

 

そして、

一番大きい面積を取ることが

できるように工夫をする。

ということも大切になってくると

言えるでしょう。

 

極限の集中力で5分仕事をするよりも、

80%の集中力で5時間仕事をした方が

大きな結果を得られるのです。

 

面積と高さがある器があった場合に、

面積と高さをどれぐらいの割合にしたら

最も水が入るのか。

 

ということを考えるのと同じような

イメージですね。

 

とりわけ、人間関係においては

相手との接触の頻度がどうしても

少なくなってしまいがち。

 

そういった点がボトルネックだと

認識し、

 

そのボトルネックを解消するために

どうすれば良いのか。

 

をしっかりと考えることが、

ビジネスの成果を高める上で

非常に大切と言えるでしょう。