会話の流れ、組み立てを練り続ける

誰かとの会話というのは、

本当に難しいものです。

 

これが、

友人との会話であれば、

特に何も意識することは

ないかもしれませんが、

 

ことビジネスにおいては、

ただ会話をするだけで

商売が取れる。

 

ということはまずありません。

 

自らの狙いを持ち、

その狙いに向けて会話を

収斂させていく努力が

必要になってくるのです。

 

この時、ポイントになるのが

自分と相手との間には、

大きなギャップがある。

ということ。

 

売る側と買う側の立場というのは

正反対ですので、

このギャップが存在することは

仕方がないことです。

 

ただ、ここで立ち止まって考えたいことは、

「自分の好きなように売っていて、

売れるようになるはずがない」

 

ということではないでしょうか。

 

あなたも、もしかすると

どこかのお店で、そのお店に入るなり、

店員さんが近づいてきて

「何かお探しですか?」

 

といった声をかけられた経験が

あるのではないでしょうか?

 

店員に何か聞きたいこともあるかも

しれませんが、

お店に入ってすぐにずかずかと

店員が近づいてきたら、

 

その店員の方に対して

警戒してしまうのは当たり前の

ことですよね。

 

この場合、

店員の方は「自分」を中心として

行動がはじまっているので、

いきなりお客さまとのボタンのかけ違い

がおきてしまったのでしょう。

 

お客さまと上手に会話を

進めていきたいのであれば、

お客さまの頭の中をイメージし、

 

そのイメージから会話を始めなければ

いけません。

 

そして、そのイメージから、

成約までの流れを頭の中で

作るのです。



もちろん、

これは成約をすることで

お客さまに喜んで貰える。

 

提供するサービスはお客さまに

完全に合致している。

という確信を持っていることが

大前提になります。

 

少なくとも、

自分の言いたいことを話すのではなく、

相手が聞きたいことを話す。

 

ということを意識し続ければ、

相手から煙たがられることは

減っていくのではないでしょうか。

 

営業の成績を上げたいのであれば、

このスキルを磨き続けなければいけません。

 

常に相手のことを考え、何ができるかを

考える。

 

その点をしっかりと意識して、

一つ一つの会話を意識して

進めていくことが大切と言えるでしょう。