小数の法則に踊らされない

小数の法則という言葉をご存じでしょうか?

 

これは、一言でいうと確率の考えを

信じない考えをしてしまいがち。

ということを意味しています。

 

例えば宝くじ。

宝くじに当たる確率は、

毎年600枚を100年間

買い続けて、

0.5%だそうです。

 

つまり、普通に買っていたら、

まずあたることはないのです。

 

しかし、それでも当選した人の

映像などを見ていると、

思わず自分も当たっているのではないかと

思ってしまう。

 

それが小数の法則です。

 

そして、今のような情報化社会では、

自分が小数の法則に囚われていないか、

しっかりと意識する必要があるでしょう。

 

テレビの街頭インタビューなどもそう。

何人もインタビューした人の中から、

目的に沿ったインタビューだけを

放送するだけでも、その情報に

影響を受けてしまうのです。

 

今の世の中では、ありとあらゆるものが

売られていますが、売る手段としても

小数の法則が使われています。

 

この法則をしっかりと理解し、

自分で判断する習慣を身につけない限り、

正しい選択をする可能性を高めることは

できないでしょう。

 

人はすくなからず周囲から影響を

受けています。

 

その影響は、良いものもあれば

悪いものもある。

 

良いものだけをしっかりと取り込み、

悪いものは排除する。

 

そんな考えをしっかりと持つことが

長い目で見て成功の確率を上げることに

つながっていくでしょう。