メリハリは意識しないとつかない

1日の中で、仕事をする時間は

少なくとも7時間ぐらいはあるのでは

ないかと思います。

 

仕事を開始したタイミングでは、

あと7時間という時間がある

わけです。

 

そう考えると、

沢山の時間があるように感じ、

前半は少しゆったりとした

ペースで仕事をしてしまう。

といったこともあるかもしれません。

 

ただ、そういった流れで仕事を

していると、仕事が終わる間際で

エンジンがかかってきたりするもの。

 

結局ずるずると残業をしてしまい、

次の日に響く。

という悪循環になってしまうかも

しれません。

 

これは突き詰めて考えていくと、

仕事を開始た瞬間から

全力で仕事をする。

という行動が出来ていなかったから。

ということにつきます。

 

前半から全力で飛ばし、

後半もその惰性で走っていき、

来るべきタイミングで

スパっと仕事を終えるのです。

 

もちろん、言うは易し行うは難しで、

外部環境などを含めて簡単には

いかないと思います。

 

それでも、少なくとも

前半から飛ばす。という習慣を

身につけておくことは

極めて重要と言えるでしょう。

 

そして、もう一つのポイント

としては、仕事を終えたら、

その日は仕事について集中して

考えるようなことはしない。

 

ということです。

頭がさえていると、

熟睡することができません。

 

それは結果として次の日の

パフォーマンスにも影響します。

 

だからこそ、しっかりと

パフォーマンスを発揮する

ためには、

意図的に頭を休ませる

必要があるのです。

 

これは、自営業者の方に

多い現象かもしれません。

 

朝から晩まで仕事のこと

を考え続け、頭が休まる暇が

ないのです。

 

仕事は長い時間やるべきではなく、

とにかく結果を重視する。

 

そんな気持ちをもって

毎日の仕事を進めていくことが

大切と言えるかもしれません。