一日を同じリズムで過ごすことの大切さ

だらだらとしたペースで毎日を

過ごすことはある意味簡単ですが、

ある程度の緊張感を持った毎日を

過ごすことは、結構難易度が高いです。

 

何しろ、朝起きた瞬間から、

一日を通じてある程度の付加が

かかることが分かっていますので、

その精神的なストレスに立ち向かい

続けなければいけないのです。

 

少しでもそのストレスに負けてしまえば、

緊張感がなくなってしまい、

ダラダラとして一日になってしまうでしょう。

 

数日間であれば、緊張感を保つことは

そこまで難しくはありません。

ある意味、気合で乗り切ることができるでしょう。

 

しかし、それが数週間、数か月、数年という

単位になってくると、

一筋縄ではいかなくなってくるのです。

 

ただ、数年という単位で緊張感を持った

毎日を過ごしている人がいたとすると、

その人は大きな成長をしているということは

イメージしやすいのではないかと思います。

 

結局のところ、瞬間的な力よりも、

継続的な力の方が、長い目で見て

結果を出しやすいのです。

 

そして、毎日を高い緊張感で

保つためには、

小さなルールを積み重ねることが

一つのポイントだと考えています。

 

朝起きたらシャワーを浴びる。

でも良いですし、

食事は控えめにして眠気が起きないようする。

でもいいでしょう。

 

そういった小さいコツが

20個、30個とたまって

いけば、その結果として

緊張感が高い毎日を過ごせる

ようになるでしょう。

 

つまるところ、

気合で何とかするのではなく、

沢山のルールを作り、そのルールの

枠組みの中で、勝手に自分の

やる気が高まっていくように

するのです。

 

自分にとってあまり負荷に

ならないルールでも、

それがたまれば大きな力に

なっていくのです。

 

そして、その時のルールは、

自分が毎日を過ごして行く中で、

一番フィットするものを

取捨選択していくのです。

 

言い換えれば、誰かの真似を

しても続かないということです。

 

自分で考え、アイディアを出し、

自らを改善していく。

そんな気持ちを持って毎日を

過ごすようにすれば、

おのずと緊張感も高まっていく

でしょう。