楽しいことばかりではない。忍耐力も必要だ。

仕事は基本的に楽しくやる方が、

成功に近づけることは間違いありません。

 

何かを嫌々やるよりも、

やりたくて仕方がない。

という状態の中でやる方が、

高い成果をあげることができる

というのは、何となく納得できる

のではないかと思います。

 

だからこそ、基本的には

好きなことが何か。

それで稼げるようになるためには

どうすれば良いか。

 

を徹底的に考える必要があるでしょう。

 

ただ、一つ覚えておきたいこととして、

どれだけ楽しいことであっても、

それを続けるための忍耐力は必要。

ということが挙げられます。

 

よく、プロのスポーツ選手などは、

プロになると心からそのスポーツの

ことを楽しめなくなる。

といいます。

 

極限の世界においては、純粋に

楽しむというよりも、

結果を出すためにはどうすれば良いのか。

 

ということを考えなければいけないので、

その分純粋に楽しむことが

できなくなってしまうのでしょう。

 

ただ、その選手がスポーツが嫌いに

なったのかというと、

決してそうではありません。

 

つらいことも多いかと思いますが、

きっとつらいこともひっくるめて

毎日を楽しんでいるのだと思います。

 

そう考えると、

好きなことをやる。

といっても、ただ楽しいことだけを

するというのとは意味合いが違うことが

イメージできてくるのではないかと思います。

 

何をやるにしても、つらいこと、

逃げたくなるような場面が出てくるでしょう。

 

そんな時、大切になってくるのが、

「好きなことをやっている」

という原点に戻ることです。

 

そうすることができれば、

どれだけ大変なことであっても、

毎日淡々と乗り越えることができるように

なるでしょう。

 

毎日は修行の積み重ね。

その積み重ねがいつか君をすげえやつにする。

このマインドをもって、今日も仕事を楽しんでいきましょう。