戦略的に先手を打つ

人との繋がりを作っていく。

とても大切なことですが、

意図的に繋がりを広げることが

得意な人と、あまり得意では

無い人がいるかもしれません。

 

ここで、つながりを広げることが

得意な人について考えてみましょう。

 

繋がりを作るのが得意な人

というのは、

恐らく人と接するのが好きであり、

初対面の人とコミュニケーションを

取ることに苦手意識を持たない人。

と言えるかもしれません。

 

こういった人は、フェイスブックなどでも

沢山の友達がいて、

外部から見るとうらやましく思うことも

あるかと思います。

 

ただ、目的が無く人脈を広げすぎてしまうと、

いつの間にか自分自身の時間がどんどん

取られてしまう。

といったことにもなりかねません。

 

つまり、ただやみくもに人脈を広げることが

良いとは言えないかもしれません。

 

ただ、そんなことを考えながら意図的に

人脈を広げていくことが正しいとも

限らないですので、

このあたりの人付き合いのルールについては、

正解がないのかもしれません。

 

ただ、一つ言えることとして、

普段から良好な関係を築くためには、

ある程度の努力が必要ということは

間違いなく言えるのではないでしょうか。

 

普段家でずっとゴロゴロしていて、

困った時だけ誰かに助けを求める。

そんな人に実際に手助けをすることは

ほとんどないでしょう。

 

つまり、何かをgiveしていることが

大前提になってくるのです。

 

Giveをする方法は何でも問題ないのですが、

常に与えるということをやり続けることは、

長い年月で見た場合、大きな価値になっていることは

間違いないでしょう。

 

言いかえると、常にgiveのマインドをもって

行動をすることは、

先手を取り続ける。

とも言えるかもしれません。

 

自分の世界を広げるためのgive。

そんなマインドをもって毎日の行動を

積み重ねていくと、

長い年月で考えた時に人生が劇的に

変わっているかもしれません。