昔を美化せず、今を精いっぱい過ごす

過去の記憶というのは、

基本的には美化される傾向がある。

と考えています。

 

自分の中で、過去を悪い思い出として

解釈することは、自分の精神衛生上

良くないことですので、

記憶の書き換えが起こっているのかもしれません。

 

そういった意味では、

未来から見た自分というのも、

美しい過去。と言えるかもしれません。

 

この時、一番もったいないことは、

過去の事を美化しすぎてしまい、

今動くことをおそろかにすることです。

 

未来からみて、今という時間が最高に

なるように一つ一つ行動を積み上げて

いけば良いだけなのです。

 

更に深く考えていくと、

美化される記憶というのは、

感情の振れ幅に大きく影響される

ものとも言えるのではないかと

考えています。

 

特に思春期の記憶というのは

強く心に残っていると思いますが、

それはその時は感情の動きが

活発だから。

と言えるかもしれません。

 

なぜなら、人は言葉によって

影響を受けるのではなく、

その言葉から生まれる感情に

影響を受けるからです。

 

そう考えると、

今も高い感情を伴って

毎日を過ごすということは、

未来の自分から見て、

美化された良い時間と

言えるかもしれません。

 

つまるところ、自分が感動するような

経験を毎日するように、

日々の行動を重ねていく。

ということに尽きるでしょう。

 

年を重ねるごとに、何かに

感動をする回数を増やし、

気持ちを高めながら、

充実した毎日を過ごしていくと、

数年先、数十年先から昔を

振り返った時に、幸せな気持ちに

なれるかもしれません。