すべての流れを仕事に向ける

当たり前の話ですが、

一週間の中で一番長い時間を

割いているのは、

仕事の時間。

という方がほとんどではないかと思います。

 

その仕事の性質がどのようなものであれ、

お金が無い限り生きていくことは

できませんので、

仕事はお金を稼ぐという意味においては

必ず必要になってくるものです。

 

ただ、仕事を嫌々やっている場合、

やはり大きな成果をあげることは

難しい。と言えるでしょう。

 

月曜日の仕事が嫌であれば、

それを忘れるために、

日曜日に深酒をしてしまう

かもしれません。

 

結果として月曜日のパフォーマンスは

落ちてしまい、

月曜日からバリバリと仕事をしている

人とは差がついてしまうでしょう。

 

そのほかにも、毎日の寝る時間や、

食べる食事の内容など、

一つ一つの行動が仕事の成果に

直結していると考えると、

 

一つ一つの行動と成果には、

密接なつながりがあると言えるでしょう。

 

そんな中、大切になってくるのが、

仕事のために一つ一つの行動を

取ることができるのか。

という事ではないかと思います。

 

食事一つとっても、

午後の時間眠くならないような

食事を取るのか、

 

がっつりとラーメンを食べるのとでは、

パフォーマンスに大きな違いが

発生します。

 

そのあたりをつきつめていくと、

仕事を楽しくできるのか。

ということにいきつくのですが、

 

少なくとも、

一週間の中で仕事をする時間が

非常に長いということを考えると、

 

その仕事の成果を高めるという

意識を持つことが、

長い目でみて人生を楽にしてくれる

のではないでしょうか。

 

無理にでも仕事を楽しむ。

という姿勢を持つことが、

日々の行動の変化に繋がっていく

かもしれません。