満足は1秒だけ。あとは改善だけを意識する

過去に自信をもって実現した

仕事があったとします。

 

この仕事を振り返ると、

自分のことが誇らしくなったり

しますよね。

 

また、そういった仕事は、

振り返ってみても

「やっぱりしっかりと

仕事ができたな」

 

と思うことも多いものです。

 

そういった意味では、

自分が満足することができる

仕事を積み上げていく

ということは、

自分の気持ちの満足という

意味でも非常に大切なことと

言えるでしょう。

 

その一方で、

そういった過去の

仕事に対して満足する時間は、

極力短くするべきだと

考えています。

 

なぜなら、

満足するということは、

さらなる改善をしなくてもよい。

 

という解釈につながる可能性が高いからです。

 

満足した瞬間に改善の

扉が閉まります。

 

結果として、

改善し続けている

ライバルに差をつけられて

しまいます。

 

そうならないためにも、

良いものを作ったら、

さらに良いものを作るために

力を注ぐ。

 

そういった考え方を

持つことが非常に大切と

言えるでしょう。

 

一瞬の満足で心を満たし、

次の瞬間からはさらなる改善に向けて

動き出す。

 

この繰り返しが大切と

言えるでしょう。