需要を自ら作り出す

何か事業をする上で、

効率的に垂直立ち上げを

するためには、

 

自ら需要を作り出す

ということが

一つの効率的な選択肢として

あげられます。

 

もちろん、需要があるのであれば、

その需要を取りに来る競合も

いるわけですから、

 

新しい需要を作るということは

簡単なことではありません。

 

ただ、競合が沢山いる場所で

勝負をしかけるよりは、

需要を作る方に時間をかけた方が、

効率が良いことは間違いないと

思うのです。

 

その際に大切になってくるのが、

顧客のことをしっかりと考え、

どんな需要があるのかを考えること

でしょう。

 

ただ、顧客の需要を捉えるのは

簡単なことではありません。

 

そんなときは、自分が何を

求めているのか。

という観点で考えてみると

良いかもしれません。

 

自分が本当に求めているものは、

他の人が求めているものである

可能性もあるからです。

 

需要を創造するために、

自分が何を求めているのかを

しっかりと認識し、

 

その需要にこたえる。

そうすることで、新しい需要を

捉えることができるようになる

かもしれません。