届かないと思うか、届くと思うか

スポーツ選手でプロになることを

諦めた人の言葉を見ると、

あの選手のプレーを見て諦めた。

 

という場合が多いようです。

 

スポーツでプロを目指す人

というのは、ある意味次元が違う

人と言えますので、

そういった人達のしのぎを削った

戦いというのは、本当に

すごいものがあるのだと思います。

 

あまりにもレベルが違っていると、

諦めたい気持ちが生まれてしまいますよね。

 

そして、これはスポーツなどに限った

ことではありません。

 

仕事の面でも、絶対にかなわないなあ。

という上司はどこにでもいるものです。

 

ただ、重要なことは、

今はかなわないと思っていたとしても、

「絶対に追い越すぞ」と思うかどうかが

その後の人生に大きな影響を

及ぼすのではないかと考えています。

 

追い越せない。と思った瞬間に、

努力の質が落ち、成長の角度が低く

なってしまいます。

 

その結果、目指しているものからは

どんどん遠ざかってしまうのです。

 

そして、人の成長というのは、

直線になっているのではなく、

階段状になっていることが感覚的に

正しいと考えると、

 

絶対に追いつくと思うことによって、

 

いつの間にか成長の階段を上がっていき、

どんどん自分の成長を感じられる。

ということがあるのです。

 

できると思うか、できないと思うか。

この二つの考え方は、紙一重のようですが、

その紙一重の違いが人生に決定的な

違いを与えるのです。

 

じぶんはできる。

空の自信でも良いので、自分を肯定して

あげることがとても大切と言えるでしょう。