自分で考え、判断をする

これからAIが流行すると言われていますが、

中には「今のAIはバブルだ」

という人もいます。

 

今の株価は高いという人もいれば、

もっと上がるという人もいます。

 

結局のところ、何を基準にして

判断をすれば良いのか。

 

それは自分しか分かりません。

 

その一方で、人は自分で判断を

することが苦手です。

 

苦手というよりも、

さいころから、自分で判断を

するという経験がほとんどないから、

自分で決断をするという習慣が

みについていないのでしょう。

 

また、大人から何か言われることで、

「自分よりも経験がある人が

言っているのであれば、正しいだろう」

 

と判断してしまう、いわゆる権威性が

働いているのかもしれません。

 

さらに、人は何かを考えて脳に負荷を

かけることを避ける傾向がありますので、

誰かが言っていることに従ってしまいがちです。

 

結局のところ、幼少期の環境と、

人が持つ特性によって、

自分で考えて決断をするという習慣が

失われてしまっているのです。

 

もちろん、周りの意見に従って判断を

することももちろん重要なのですが、

本当に重要なことは、

自分で考えて決断することが大切。

と言えるでしょう。

 

そして、自分で決断をすることの

一番のメリットは、

 

決断をすることで結果が出るので、

その結果から新たな学びを

得ることができる。ということです。

 

子供が何か失敗をしながら学び続ける中で

どんどん成長していくように、

 

大人も失敗をすることで成長をすることが

できるのです。

 

そう考えると、自分で決断をしないのは

あまりにももったいない。

 

失敗しても良いので、

とにかく自分で決断をする習慣を

身につけることが大切と言えるでしょう。