自分の専門分野であれば、とことん深堀するべき

仕事をする中で思うのですが、

自分の専門の分野で生きていくのであれば、

 

その分野においては誰もよりも詳しくなる。

という気持ちを持つことが大切だと

考えています。

 

車の販売をするのであれば、

営業の知識が求められることはもちろん、

車の技術的な面においても

しっかりと精通しておいた方が良いという

ことです。

 

もちろん、営業をする人にとって、

技術があるから成果が上がる。

ということに対して明確に因果を

説明しろ、と言われると、中々難しいものが

ありますが、

 

一つ具体的な例を紹介すると、

ある広告代理店は、

石鹸の技術的な論文を読むことによって、

沢山のアイディアを得て売り上げを伸ばした。

というものがありました。

 

同じものを違う視点でみることで、

新たな学びを得ることができた。

という例でしょう。

 

また、人が何かを買おうとする

心理の中では、

詳しい人から買いたい。

と思う傾向があるようです。

 

何かに詳しい人が勧めているのであれば、

間違いない、と思うのでしょう。

(いわゆる権威を使った営業手法ですね。)

 

そういった意味では、

何かの商材があった場合、

その商材について誰よりも詳しくなることは、

非常に投資に対する効果が高いと

言えるでしょう。

 

逆の考え方をすると、

全てのことに取り組もうとする人は、

深く理解することができないからダメ。

 

といえるかもしれません。

 

絞り込むことによって、専門性が増し、

それがすごみとなってくるのです。

 

そう考えると、何はなくとも

専門家になる対象を決めなければ

いけませんが、

 

その専門分野が見つかったのであれば、

とにかく深堀して知識を深める。

という姿勢を持つことが重要と

言えるでしょう。