感動を呼ぶスピード感

仕事をしている中で意識したいこととして、

スピード感を持って行うということがあります。

 

スピードを上げて取り組むことで、

お客様も満足してくれますし、

 

何より自分自身のメモリを消費

することがありませんので、

可処分時間の密度が変わってきます。

 

ただ、スピード感を持って

取り組むということは、

締め切り効果というプレッシャーが

ない中では、

実現することはかなり難易度が

高いようです。

 

そんなときは、スピード感を

持って取り組むことによって、

感動を生み出すことができる。

 

と考えてみてはいかがでしょうか?

 

スピードを出すことによって、

お客様を感動させることができ、

その感動の渦に自分もまきこまれる。

 

そんな考えを持つことによって、

スピード感を持つための意識を

高めることができるかもしれません。

 

本質的には、仕事をためない方が

人生において良いという

根源劇な思考の変化を起こすことが

大切なのですが、

 

そのためのステップとして、

スピード感を持った仕事と

感動という言葉を組み合わせみては

どうでしょうか。