目標に沿っていると、全てが学びになる

会社で誰からから質問を

受けたり、分からないことを

聞かれた時、

 

その相手が事前に何も調べていなかったり、

あまりにも抽象的な質問だった場合、

いらいらしてしまいますよね。

 

こちらは忙しいんだから、

もう少し整理してから質問してきてくれ。

と思うことになるでしょう。

 

質問をすることは、少なからず相手の

時間を奪うことに他なりませんので、

相手に対する配慮をしっかりとした上で

質問をすることがマナーと言えるでしょう。

 

ところで、

この質問なのですが、見方によっては

あなた自身のスキルを非常に高める

貴重な機会にもなりえると考えられない

でしょうか?

 

ちょっとした質問から、新たな気づきを得た。

というのは良く聞くことです。

 

自分で全てのことを認識することは

不可能ですので、

相手からの質問によって、認識していない

部分が顕在化される。

ということもできるでしょう。

 

そして、その質問に対して

学びが深まるのは、

「抽象的な質問」

を受けた時だったりするのでは

ないでしょうか。

 

抽象的な質問を受けると、

相手がなぜそのような質問を

してきたのか。

 

相手の理解度はどれぐらいか。

 

しっかりと回答するためには、

何をどれだけ調べないといけないのか。

といったことに思いを巡らせる

必要がでてきます。

 

こういったことをするのは非常に

骨が折れることですが、

 

その質問に答えることによって、

あなた自身のスキルが上がると

考えれば、

 

その質問は成長のための貴重な

機会と考えることができるのです。

 

ただ、そういった質問があなたの

成長に直結していないのであれば、

その質問はあなたの時間を

奪うもの以外の何者でもありません。

 

結局のところ、何が言いたいのかというと、

自分が好きで、どんどん学びを深めて

いきたいと思う分野であれば、

全てのことが学びにつながるということです。

 

違う見方をするのであれば、

好きなこと以外の場合、顧客に対して

しっかりとしたサービスを提供することは

難しい。ということです。

 

なぜなら、質問に対して真剣に向き合おうと

思うことができないからです。

 

だからこそ、何はなくとも好きなことを

仕事にする。

この点を意識することが大切と言えるのでは

ないでしょうか。