あらためて、原理原則をおさえる

何かを学ぶ際、原理原則をおさえる

ことの大切さを改めて感じています。

 

というよりも、原理原則を押さえずに、

どうやってレベルを上げていくのか。

という感覚を持っています。

 

例えば、医者の例を考えてみましょう。

 

熱が38度合ったら解熱剤を渡す。

これはある意味正しい判断かも

しれませんが、

 

熱が出ている原因(人が熱を出す

カニズムを知る)ということと、

解熱剤で熱が下がる原因

(体に対して解熱剤がどのような

影響を及ぼすのか)

が分かっていなければ、

 

熱が出た→解熱剤という

一対一の関係でしか

ものごとを捉えることが

できなくなります。

 

世の中、一対一の関係で

何かが成り立っていることは

少ないですから、

 

このような場当たり的な

対応をしているだけでは、

ちょっとした応用に対して

太刀打ちができなくなってしまうのです。

 

しかし、

熱が出た→解熱剤というのは、

この一行を覚えるだけで良いので、

極めてシンプルで簡単です。

 

だからこそ、多くの人は、

シンプルな回答を求めて、

原理原則をおさえることを

嫌がるのでしょう。

 

ただ、長い目で考えると、

原理原則をおさえた方が

良いのは明らかです。

 

なぜなら、原理原則を

おさえることによって、

応用がきくようになるからです。

 

また、複雑な事象の共通点を

見出すこともできるように

なるかもしれません。

 

そういった意味では、

成長には時間がかかる。

という覚悟を決めることが

一番重要なのかもしれません。

 

すぐに成果を求めるのではなく、

原理原則を学び続ける。

 

この意識を強烈に持って

毎日を過ごしていくと、

数年というスパンで考えた時、

大きな成長を得ることが

できているかもしれません。