寄り道を楽しむ姿勢を持ってみよう

今、新しいプロジェクトを

進めているのですが、

その中で、新しく学ぶことが

沢山あります。

 

そして、新しいことを学ぶ中で、

ちょっと寄り道にそれた違うことも

学びたくなってきます。

 

違うことをやると、本来の目的には

近づいていかないですよね。

 

こんな時、寄り道にそれても良いのでしょうか?

それとも、寄り道にそれずに目的に

向かって一直線に進むのが良いのでしょうか?

 

これに対する明確な答えはないと思いますが、

個人的には「可能な範囲で寄り道するべき」

だと考えています。

 

新しいことに興味を持ったということは、

「興味のアンテナが立った」状態と

言うことができます。

 

そして、自分が興味を持つということは、

自分が好きなことに直結している

可能性があるということです。

 

結局のところ、本当に好きなことしか

できないのが人間ですから、

 

好きなことを見つけるということは、

人生において非常に大きな

価値があることだと思うのです。

 

そんな中、興味=好きかもしれない

という信号が出ているのに、

それを無視してしまうのは

あまりにももったいない。と思うのです。

 

また、最近よく感じることとして

「無用の用」という言葉があります。

 

これは、平たく言うと

人生に無駄なことはない。何がどこで

結びつくかは分からない。

 

ということになると思うのですが、

何かを学ぶということにおいて、

無駄なことは一切ないと思っています。

 

そう考えると、脇道にそれないよりも、

それていった方が、

長い目でみると有益なことが多い。

と考えられないでしょうか。

 

もちろん、脇道にそれることで

目的に近づく速度が落ちるという

デメリットもありますので、

 

メリットをデメリットの天秤に

かけて判断する必要がありますが、

 

基本的な姿勢としては、

「脇道を楽しむ」という姿勢を持っても

良いのではないでしょうか。