日記を書くことで、自分にコミットする

影響力の武器。という本を

読んでいたのですが、

そこで面白い内容がありましたので

ここでご紹介させていただきます。

 

その内容というのは、

書かれた内容をただ書き写すだけでも、

その内容が自分の考えとして

刷り込まれてしまう。というものでした。

 

よく、「書くことが大切。」

と言われますが、

この文章を読むと、本当に書くことは

魔術的な力があることを実感します。

 

書くことに影響を受けるという背景は

人は一貫性を求める。

ということが背景にあるみたいです。

 

日々違う行動をすることは効率が悪いですので、

同じこと(起きて仕事して帰って寝る)

を繰り返すことが大切ということが

脳に刷り込まれている。ということです。

 

そう考えると、意識的に今の自分から

違う所に目標を立てなければ、

なにも変わらない毎日が待っている。

ということになります。

 

そんな毎日を少しずらすだけでも、

何かを紙に書くということは

本当にすごい効果があるのです。

 

自分へのコミットの度合いを

高めるために、常に記録を

記し続け、前に進んでいく。

 

その繰り返しによって、

成長のスパイラルに入っていくことが

可能になっていくでしょう。