説明責任を果たす

今は、HPを使っていくらでも

会社の情報を提供することが

できる時代です。

 

昔であれば、会社案内を

持って行き、それを使って

説明をしなければ

いけませんでしたが、

 

今はネットに全ての情報を

載せることができるのです。

 

しかし、現状として

どうなっているかというと、

ネットに情報をしっかりと

載せている会社が少なくありません。

 

なぜ載せないのかという点については

色々な可能性が考えられるのですが、

 

パッと思いつくものを挙げてみると、

 

・載せられるだけのノウハウがない

・ネットの知識がない

・載せるのが面倒くさい

・ノウハウを言語化できていない

・情報を載せると仕事が来なくなる

・業界の慣習上載せられない

 

など、いろんな理由があるかと

思いますが、外部要因以外で

あれば、改善をすることは可能な

はずです。

 

それであるにも関わらず、

しっかりと情報を載せていない

ということは、怠慢と言っても

よいかもしれません。

 

サイトに訪問してくれた

お客様に対して、

適切な情報を提供していない

ということは、わざわざ訪問

してくれたお客様の

貴重な時間を奪うことになる

からです。

 

「面倒」と思った瞬間に、

自社のサービスで提供できる価値が

激減する。

 

そもそも面倒と思う時点で、

商売何て辞めた方が良い。

 

そんな気概を持って毎日を

前向きに過ごしていくことが

大切と言えるかもしれません。