気をかけることの大切さ

何だかんだ言っても、

だれかに気をかけてもらう

ということは嬉しいものです。

 

気をかけるということが、

自分の利益のためであれば、

それは相手の信頼を失う

行為になってしまいますが、

 

純粋に相手のことを考える

気持ちがあれば、

相手はきっと感謝してくれるでしょう。

 

ただ、相手に気をかける

ということは、意識して行わないと

中々できないということも事実。

 

なぜなら、人は基本的に自分のことが

一番大切であり、人のことを気に掛ける

よりも、自分のことを気にかけて欲しい。

と思うからです。

 

だからこそ、相手のことを気に掛ける

ということが、大切と言えるのかも

しれません。

 

そして、これが一番重要だと思うのですが、

見返りを求めないで相手のことを

気にかけると、最終的には自分の身に返ってくるものです。

 

相手のことだけを考えて行動した結果、

自分のメリットが増えていく。

不思議なものなのですが、これが世の中の真実。

 

そう考えると、身につけるべきことは

「損得なしに、相手に貢献する姿勢」

だと思うのです。

 

強烈に意識し続けなければ、すぐに

自分中心という世界に陥ってしまいますが。

一度その効果を実感することができれば、

相手に貢献するとことに「やみつき」

になってしまうかもしれません。

 

そういった人のつながりを大切にするために、

相手に気をかけるということを、

意識して実践することが大切と言えるでしょう。