素の自分のレベルを上げていく

普段の生活をしている中では、

仕事モードの時と、プライベートモードの時、

二つのモードが誰しもあるのでは

ないかと思います。

 

オンとオフの切り替えを上手に

やっていくからこそ、

高い成果を残すことができる。

ともいえるかもしれません。

 

その中でも、本日はオンの時間に

関するお話です。

 

仕事中は、誰しもオンの時間が

あるかと思いますが、

その時間を、可能な限り、

素の自分に近づけることが

大切なのではないか、と考えています。

 

これには大きく二つの理由があるのですが、

一つ目は、素の自分に近づくほど、

高いパフォーマンスを維持できる時間が

長くなるということです。

 

無理をして異性と付き合っても

結局は長続きしないことが多いように、

無理をしていると、どこかで自分に

高い負荷がかかってしまうものです。

 

その結果、高いパフォーマンスを維持

することができず、結果として

安定的に仕事の成果を出すことが難しく

なってしまいます。

 

そして、二点目は、無理をしていると

それが相手に見透かされてしまうことです。

 

営業をしている時だけおべっかを使う。

といったことをする人は、

少し話をしているとすぐに分かります。

 

結局の所、自分の素ではない場合、

相手が何となく違和感を感じて

しまうのです。

 

いずれにせよ、自分を偽って良いことは

ほとんどありません。

 

ただ、だからといって相手に気遣いをせず、

我を貫き通せばよいかというと、

決してそうでもありません。

 

あくまでも、相手のことを考え、行動を

しているということを

「当たり前」の状態にしなければ

いけないということです。

 

言うは易し、行うは難しですが、

結局は自分そのものがビジネスに直結する

ということを肝に銘じ、

今日も精進して参ります。