意図しない人脈からの情報が大切

昨日、たまたまTwiterを通じて

得た情報で、非常に有益だと

思える内容がありました。

 

厳密には、ダイレクトメッセージを

貰ったのですが、

その内容について調べてみたところ、

すごい価値がある情報かもしれない。

 

ということを思い始めました。

 

普段、同じような人は同じ

ような情報を持っている可能性が高いので、

普段接しない人から情報を得ることが

非常に大切ということを実感した一日でした。

 

この「意図しない人脈からの情報」

というのは、強烈に意識しなければ

その恩恵にあずかることは難しいと

感じています。

 

私自身も、今回の件を通じて

その重要性を再認識しました。

 

そして、意図しない情報を

取る上で大切なことは、

「積極的に連絡を取る。

積極的に発信をする」

 

この二点に尽きるのではないかと

考えています。

 

今回、Twitterでメッセージを貰った

きっかけは、まぎれもなく

Twitterで発信をしていたからです。

 

つまり、相手に働き掛けない限り、

何か情報が入っていくことは

(ほとんど)ないのです。

 

普段関わりがないような人ほど、

連絡を取ったりすることがおろそかに

なってしまいがちですが、

 

やるべきことは逆で、

普段関わりがないからこそ、

連絡を取ることが重要なのでしょう。

 

今は、TwitterFacebookなど、

薄く人脈を繋げることができる

時代です。ですので、そういった人脈を

蘇えらせることができるよう、

意識的にアプローチをすることが

大切と言えるかもしれません。