これぞ!という本は意識的に読み返す

昨日、たまたま

成功哲学」という本を

読み返していました。

 

すると、新たな気づきが

非常に多いことにびっくりしました。

 

もちろん、本の内容は何も

変わっていないのですから、

自分の中で何かの変化が

あったのでしょう。

 

こういった気づきの価値というのは、

新しく本を読んだ時の気づきよりも、

価値が高い場合もあります。

 

なぜなら、新たな気づきを得ることで、

自分の中でどのように思考が変わったのかを

理解することができるからです。

 

思考の変化を感じることができると、

成長を実感することができ、

それが意欲の向上にもつながって

いきます。

 

自分を定点観測するという意味で、

同じ本を読んでいくことは

非常に大切と言えるでしょう。

 

ただ、一度読んだ本を

再び読み返すという習慣を

作らなければ、

 

一度読んだ本が再び読まれる

ことがない。

ということも事実。

 

できることなら、

四半期に一回は読み返す。

といった形で本を読み返す

ことをルール化しておくと

良いかもしれません。