ビジネスのベースは人。それを意識せずして成功なし

最近、ドラッカーの書籍を改めて

読んでいるのですが、読めば読むほど、

考えさせられます。

 

例えば、企業がやることは顧客の創造。

という言葉。

 

少し抽象的な言葉のような感じも

しますが、何かビジネスをしていくとき、

突き詰めていくと、

この「顧客」にぶち当たります。

 

自分がどれだけ良いサービスを

提供していたとしても、

顧客がいなければ、それは

良いサービスではないのです。

 

人との対話を通じて、

相手が何を考えているのかが

分からなければ、良いサービスを

作ることはできません。

 

しかし、自らの技術の向上を

意識すると、どうしても顧客という

観点を失ってしまいがちです。

 

だからこそ、しっかりと顧客の

定義を行い、その顧客を100%

満足させる。

 

という意識を持つことが

大切と言えるでしょう。

 

答えは常に現場にある。

この考え方を持ち、

毎日顧客の観点で物事を考えていく

ことが大切と言えるかもしれません。