顧客にとって価値があるものを提供し、そのスキルを上げ続ければ売れないわけがない

結局のところ、顧客にとって価値があるものを

提供することができれば、売れていく。

 

この極めてシンプルな法則が、

商売をするうえでの本質なのではないかと

考えるようになってきました。

 

ただ、この考え方に至るまでには、

非常に長い時間がかかる、

というのが現実なのではないかと思います。

 

なぜなら、強烈に意識し続けない限り、

「価値を提供する」ということを考える

機会はないからです。

 

普通に生きていると、基本的に

営業は受ける側です。

そして、何かを買うときには選択する側です。

 

その時、無意識に何を買うのか判断を

しているかもしれないですが、

無意識だからこそ、逆に相手が

どういった価値を提供しようとしているのか、

気付くことがないのです。

 

そんな中、いきなり「価値提供」と

提供される側から180度変わっていくわけですので、

すぐに気持ちを切り替えていくのは大変に

難しいことなのです。

 

しかし、だからこそ、「価値の提供」が

自分のとってしっくりとくるところまで

来たら、それだけで大きな差別化を

図ることができると考えています。

 

顧客の現状を認識し、どんな思いがあるのかを

理解し、その上で価値を提供する。

 

このシンプルなルールを今まで以上に

頭に叩き込み、提供する価値をさらに

向上させていかなければいけない、

と改めて感じました。

 

何はなくとも価値の提供。

この意識をしっかりと持つことが、

仕事を取ってくるうえで決定的に

重要と言えるでしょう。