「躾」とは、相手との関係性を良好にする手段である

相手との関係を良好にするためには

どうすればよいか、最近常に考えています。

 

自分が大切なのはみな同じですので、

何か強制力を働かせない限り、

相手のために何かをするという発想は

浮かんできません。

 

つまり、意識しない限り、相手との

関係が良くなっていくことは

ないのです。

 

そのため、最近は相手との関係性を

良好にするための言葉を集めています。

 

そして、そのために今日思いついた言葉が

躾です。

 

躾というのは、解釈の仕方によっては、

体罰のような、過剰な教育のように

とらわれるかもしれませんが、

実はそうではなく、

 

相手との関係性を良好にするために

行うもの。

と解釈したのです。

 

そうすると、躾という言葉を

思い出すたびに、相手との関係が

良好になっているか、

思い出すきっかけを得ることが

できるのです。

 

なじみ深い言葉に新しい解釈を加えていくと、

自分の行動がぐっと変わっていき、

それが成長につながっていくと

言えるかもしれません。