とにかく相手に寄り添う。ただし、できない部分は出来ないと言う

はじめの想定から逸脱した

リクエストが来るというのは

仕事をしているうえでは

よくあることですよね。

 

恐らく、逆の立場であれば

無意識のうちに

こういった想定以上の

リクエストをしているかも

しれない、と考えると、

 

払った価値以上のリターンを

求めるという人の本能から考えて、

要求以上のものを求めるのは

仕方がないことと言えるでしょう。

 

ただ、だからといって

相手からの要求を常にのんで

いたのでは、自社の利益を確保

できるはずがありません。

 

そういった場合にするべきことは、

できる範囲についてはっきりと

相手に伝えるということでしょう。

 

ただ、相手から見ても、いきなり拒絶

されたようなメッセージを受け取ったので

あれば、その後の関係が悪くなってしまいます。

 

あくまで、相手の意見を尊重したうえで、

自分としての考えを伝えることが大切だと

思うのです。

 

相手からの意見を単純に拒絶することは

簡単です。

 

ただ、そういった拒絶をしていても、

自分がどんどん孤立していくだけです。

 

特に、何かのスキルを使って生計を

立てている人は、

「自分は最高の技術を提供しているのだから、

相手は文句を言わなくて当然である」

 

と思ってしまいがちですが、

どれだけスキルが高くても、そういった人に

仕事を頼みたくはないですよね。

 

相手も自分もしっかりと満足するような

落としどころを考える。

 

この意識が大切なのではないかと

あらためて感じたのでした。