話すことによる副次的な効果

昨日、友人と話をしていたのですが、
その中で、私が今まで学んできた
目標設定の方法について
話をしました。

 

話をしている最中は
とにかく相手にとって何か
ためになれば。

 

と考えていたのですが、
一日たってみて改めて
思い返してみると、

 

話をしている自分自身が、
一番説得されていることに
気が付きました。

 

違う表現をすると、自分が話した内容に
対して、自分自身が説得されていることに
気が付きました。

 

営業で成功するためには、
一貫性が大切。と聞いたことが
ありますが、

 

まさにその通りで、
自分が信じたことを話続ける
ことによって、さらに自分に自信が
ついていき、

 

それが結果として営業の成果が上がる。
という結果に結びつくことを実感しました。

 

つまり、
ビジネスで何か成功したいのであれば、
何か一つ軸を決めて、
あとは稽古の数を重ねるだけ。

 

ということができそうです。

 

成功するための法則というは、
意外に身近なところに
たくさん眠っているのではないか。
と改めて感じたのでした。