攻めの姿勢に移る前に身につけておくべきこと

相手との関係性の中で、

何か相手にアプローチをして

断られることをイメージすると、

 

どうしても消極的になって

しまいがちです。

 

拒否されたり、否定されることは

やはり嫌なことです。

そして、嫌なことは避けようと

しますので、結果として

消極的な姿勢がどんどん育って

いってしまうのです。

 

ただ、待っているだけで

状況が好転することは

ほとんどありません。

 

何もしないで待っていて

人生最高に幸せになりました。

という人はいないというのは

簡単に想像できますよね。

 

何かを実現するためには、

相手に働きかける。

ということが必要になってくるのです。

 

ただ、この時に間違えては

いけないことは、

 

自分の利益のために

相手にアプローチを

してはいけない。

 

ということです。

 

相手に対して何かプラスの

貢献をすることができる。

 

そういった確信を持って

はじめて相手にアプローチする

ことが許されるのです。

 

つまり、

まずやらなければいけないことは、

相手にどういった価値を

提供することができるのか。

 

ということについて

しっかりと考えることだと

言えるでしょう。

 

そして、相手に価値を提供

することができるように

なったのであれば、

 

あとは攻め続ければよいのです。

 

この順番を守らず、

とにかく相手から奪うことを

考えて攻め続ける人がいたら、

いずれ相手にされなくなってしまうのは

目に見えています。

 

相手への価値提供。

ということが、全てのスタートに

なるということを体に染み込ませると、

人脈などがどんどん広がっていくかも

しれません。