専門分野の「教授」になれるかどうか、がポイント

立花隆という作家の方がいます。

 

知の巨人というニックネームを持ち、

月に数百冊の本を読むとも言われています。

 

さらにすごいのが、全ての本が頭に

入っており、それぞれの本の要点を

話すことができるということです。

 

この話を聞いた時に、私が大学に

いた時の教授のことを思い出しました。

 

ある日、研究の相談に教授のもとに

訪れ、悩んでいることを伝えました。

 

すると教授は「●●年の雑誌の中の

  • ●という論文を読んでみると良いよ」

 

というアドバイスをしてくれたのです。

 

研究に関する論文というのは、

本当に山のようにあるのですが、

その教授は、山のような論文の内容が

全て頭に入っていたのです。

 

当時は、人間離れした業だと感じたのですが、

今になると何となく分かる気がするのです。

 

何がわかるのかというと、

「本当に興味を持っている分野であれば、

調べたことが全て自らの血肉になり、

それらが有機的につながっていく」

 

ということです。

 

私はその研究に興味が持てなかったので、

今でも断片的な知識しかありません。

 

しかし、自分が興味のある分野であれば、

どんどん知りたい情報が増えていき、

それに伴って頭に入ってくる情報量も

どんどん増えていきます。

 

結局のところ、

そういった「夢中になれる」

分野を見つけなければ、

知識を頭の中で繋げることは

難しいと言えるかもしれません。

 

だからこそ、自分が勝負をする分野では

「教授になれる」という確信を持てるかどうか、

が一つの鍵になると思うのです。

 

確信が持てない分野であれば、

もういちど立ち止まって考えてみても

良いかもしれません。